無痛治療 入れ歯治療 審美歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科

審美歯科

審美歯科って何?

ニッコリ笑ったときに、口元から真っ白な歯がのぞいていると、顔全体の印象はパッと華やいだものになります。歯にコンプレックスを持っていると、つい口元をかくし、笑顔を見せないようになってしまいがち。

当院では、笑顔を彩るあなたの白い歯を、より心豊かな人生を謳歌するための最高のものと考えています。

当院では、金属の詰め物を使わない治療に力を入れています。
コンポジットレジンを用いたり、オールセラミックスやハイブリッドなど、金属を使わず、見た目に美しい詰め物の治療に力を入れています。

どんなメリットがあるの?

●笑顔をひときわ魅力的に
きれいに並んだ美しい白い歯にすることで、笑顔をひときわ魅力的にします。
歯を見せて笑うことに少しためらいのある方、歯が黄ばんでいて白くしたい方などが多く治療をされています。
また、セラミックは変色しないので、いつまでも自然な白さを保ちます。

●金属アレルギーを起こさない安全な詰め物
セラミックやコンポジットレジンは、金属を使用しておりませんので、金属アレルギーをお持ちの方にも優しい詰め物です。

審美歯科の種類

【ファイバーコア】

コアとは虫歯となった部分を削り、土台としてしん棒を入れるものです。
しん棒の材質は金属が主流でしたが、グラスファイバー素材を用いた新しい技術が「ファイバーコア」です。
光の透過性ゼロ

私達の歯は光を透過します。今までの金属製のコアはまったく光を通しません。
ファイバーコアは、光の透過性も私達の歯に極めて近く、とても自然な仕上がりになります。


口内にやさしい

金属製のコアは硬すぎるため、強い力が歯にかかると、歯の方が負けて、壊れてしまうことがありますが、ファイバーコアは適度なやわらかさがあり、歯を壊すことがありません。また、金属を使いませんので、溶融によるアレルギーも起こしません。

【ラミネートベニア】
歯の表面をほんの少し(エナメル質の範囲内で)削り、型を取ります。
薄く作ったセラミックを削った部分に接着します。

【セラミック・ハイブリッド】

セラミックとは歯のかぶせ物に使用される焼き物の一種の陶材です。本物の歯と見分けがつかないほど、自然な歯の色を再現できます。

虫歯がひどく進行している場合、歯並びが悪い場合も自然な歯にすることができます。
最近ではハイブリッドセラミックといってプラスチックとセラミックの合わせたかぶせ物も使用しています。

これは金属を全く使用しないため、金属アレルギーを起こしませんし、ハイブリッドに関しては、価格もセラミックの2分の1の値段ですので奥歯の金属冠をこのハイブリッドセラミックにやり直す方も多いのです。

【歯のクリーニング】

普段、歯ブラシでは届きにくいところに対して、超音波スケーラーという特別な器材を使用し、歯垢・歯石をきれい除去します。また、タバコのヤニやコーヒー、紅茶などによる着色も専用ブラシできれいに除去します。さらに、着色をきれいにしたい方は、下記の機材を持って施術します。
パウダーをエアーで吹きつけて着色やプラークを簡単に取り除く、クリーニングシステム。スイス製の歯面清掃器は、痛みもなく、さわやかな爽快感を残します。


【ホワイトニング(ブリーチング)】

当院では、歯にやさしい薬剤を使用してホワイトニング(ブリーチング)を施します。また、ホワイトニング(ブリーチング)には歯科で受けるオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングの二通りあり、以前は両方を組み合わせ歯を白くしていましたが、現在はポリリン酸による、オフィスホワイトニングのみを行っています。




【ポリリン3Dホワイトニングシステム】

痛みもなく、安心して白い歯へ

 

こんな方にぴったり!

・笑顔・高感度をアップしたい
・痛みがなく、安心して歯の黄ばみをなくしたい
・輝く白い歯を長続きさせたい

今、業界で注目されているポリリングホワイトをご紹介します。



従来のホワイトニングについて

・ホワイトニングとは

従来のホワイトニングは、歯の表面に付着した色素を落として白くするのでなく、ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗り、ハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当てる施術になります。
この方法で歯の中にある色素を分解し、明るさを上げていくのですが、強力な漂白剤を使って、色の付いた洗濯物を漂白するようなイメージです。


・従来のホワイトニングでよくあるトラブル

これまでのホワイトニングは、歯を漂白する施術のため、年齢や以前服用していた風邪薬などで効果に個人差があり、知覚過敏になりやすく、痛みを感じる事も多々あります。
また、定期的なメンテナンスや手入れが必要で、施術後は食べ物にも注意が必要です。例えば、カレーやブルーベリーなどの着色性の強い食べ物や、コーヒーや紅茶などの飲み物は色がつきやすいため、ホワイトニングの効果を長続きさせたい場合はオススメできません。このようなトラブルを避けるため、ホワイトニングをする前に、担当の歯科医師にしっかり聞く事が大事です。




歯科業界注目のポリリンホワイトニング

・ポリリンホワイトニングとは

ポリリンホワイトニングとは、ポリリン酸という成分を使ったホワイトニングの施術方法です。
このポリリン酸は微生物から哺乳類にいたるまで、あらゆる生物の体のなかにもともとある成分のため、その安全性も担保されております。
ポリリンホワイトニングとは、このポリリン酸を使って歯の汚れをおとし、コーティング(ステインや歯石の沈着防止)するため、痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。


・ポリリンホワイトニングのメリット

ポリリン酸は、歯に付着するステイン(歯の黄ばみやくすみの原因物質)を落としやすくして付きにくいという特長があります。
通常、歯のホワイトニングには清掃剤、研磨剤、着色剤、あるいは漂白剤等が使われいずれも歯を傷つけてしまう原因となりますが、ポリリン酸を使ったポリリンホワイトニングであれば無駄に傷をつけることがなく、輝く白い歯を手に入れる事ができます。



 

期間はどのくらいかかるの?

患者様の治療に対する希望によって期間は変わってきます。

それは、下記のような理由からです。

(1)審美的な治療計画と機能的な治療計画には違いが出てくることがあるため

(2)患者様が治療に望む審美面:機能面の比率により治療計画を立案するため

また、審美治療を行う前に、歯列不正・歯周病などが認められればまずそちらから治療する必要があります。