無痛治療 入れ歯治療 審美歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科

入れ歯治療

入れ歯は、患者様のお口の状態に合っていないと生活に負担がかかります。さくら歯科クリニックでは、患者様のあらゆる状態に合わせて、すべての入れ歯治療において、以下の3つを重視しています。

〜当院の入れ歯治療における3つの重点項目〜

1.噛みやすいこと
2.(上の歯が)落ちないこと
3.(下の歯が)浮かないこと

また、保険適用外の入れ歯ですと、良い素材を使用することができるため、以下の4つの条件を満たしたよりよい入れ歯治療を提供することが可能になります。

〜入れ歯治療における4つの重点項目〜

1.美味しく食事ができること
2.異物感が少ないこと
3.発音しやすいこと
4.生体に優しいこと

また、総入れ歯ではなく、部分入れ歯の場合には、「残っている歯を痛めない」治療をご提案しております。

保険適用と保険適用外の入れ歯とは、一体何が違うのでしょうか?

最近は、ホームページで色々な歯科医院さんが入れ歯の種類について書かれていますので、
よくお調べになられている患者様は、ご存知かもしれません。

1つは、使用できる材質の違いです。
後ほど紹介しますが、保険の材質がプラスチックを主体としているのに対し、保険外の材質は金属や特殊な材質を用いることが可能です。これによって、耐久性や発音のしやすさや味覚の違いが生じます。

さらに、入れ歯を作る際の工程にも違いが出ます。工程には、主に「型取り」と「上下の噛み合わせの調整」が必要となります。
ここで、保険では型取り1回、噛み合わせ1回と決まっているのに対し、保険外ではベストの型取りや噛み合わせが取れるまで何回でも調整できる違いがあります。

実は、この違いが非常に大きいのです。
私は、保険か保険外の違いで最も大事なのは「材料の違い」ではなく、この「型取りと噛み合わせの調整の頻度と正確さ」であると考えています。

なぜならば、入れ歯を作るようになってしまった人は、噛み合わせが乱れて、本来の噛み合わせではなくなっているケースが多いため、まずは正しい噛み合わせに戻さなくてはなりません。極端な話、10回くらいかかるときもあります。それを1回と制限している保険では、噛み合わせの補正を正確に行うことは非常に困難なのです。
そして、間違った噛み合わせで型取りをしてもうまくいきません。

皆様の中にも、「何回入れ歯を作ってもうまく噛み合わない」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんが、それはまさにこういった制限があるからなのです。

もちろん、保険だからといって手を抜くわけではなく、当然限られた回数の中で最善を尽くしますが、患者様にはぜひこういった背景があることをお知り頂きたいと思い、書かせて頂きました。

保険の入れ歯

●発音しにくかったり食物の味が変わったりしたりする場合があります。

●入れ歯が割れたり、壊れたりすることが多いため、寿命が短いといえます。

利点:保険適用があるので、料金が安い

金属の入れ歯(コバルトクロム・チタン)

●金属なので薄く作れ、発音がしやすく異物感が軽減されます。

●金属部分が多いので、冷たいものや温かいものが感じられ、美味しく食べることができます。

●入れ歯が割れたり、壊れたりすることはまれです。

●チタンの義歯は生体に優しく、金属アレルギーを起こしません。

利点:発音がしやすい/美味しく食事ができる/生体に優しい/丈夫で長持ちする

金属のない入れ歯(1)エステショット・バイオトーン・ルシトーン

●やわらかい素材でできており、バネに金属を使わないため目立たず、金属アレルギーが起こりません。バネが見えたくない方にはオススメです。

●入れ歯に透明感があり、歯ぐきとの見分けがつきにくいです。

●乳歯列での欠損補綴におすすめしています。

●当院では2〜3本の欠損での使用を薦めています。

●修理ができないため、3〜5年で作り替えが必要です。

利点:目立たない/薄くて軽い/生体に優しい/弾力がある

金属のない入れ歯(2)マグネット

●歯の根に磁石を埋めて固定するため、安定性に優れます。

●入れ歯のバネが見えないので、見た目はすっきりしています。

●従来の維持として使えず抜歯になるような歯(昔は抜歯せざるをえませんでした)でも、マグネットを使用することによって、延命を図れ、かつ維持として使える場合があり、当院では移行的な維持装置として推奨しています。

●磁石にすることで、横揺れを軽減し、逆に有益な垂直方向の力を根に与えることができるので、延命を図ることが可能になります。(バネは頭の上にかけるので、磁石は歯の下の方に装着するためです)

●いい入れ歯を作る際は、従来では固定源として使えない歯を抜いていましたが、固定源をマグネットにすることによって、抜かずに使用することが可能になりました。

●さらに利点としては、抜歯後、簡単な修正のみで義歯をそのまま使うことが可能だという点です。また、抜歯した歯についたマグネットを撤去することで、残っている歯に移し替えることも可能なので、歯がなくなるまでずっとマグネットを使用することが可能です。(ご希望の方は、外したマグネットを次に使用する状況になるまで当院で責任を持って保管しております)

利点:歯の延命が図れる/目立たない/再利用できる

金属バネのない入れ歯(3)アタッチメント

●最も安定性に優れた義歯です。

●入れ歯のバネが見えないので、見た目はすっきりしています。

●隣の歯に金属バネをかけないため、残っている隣の歯を極力痛めません。

●つまり、「見た目がよくて」、「持ちがよくて」、「よく噛める」。良い入れ歯の条件がすべて揃っている入れ歯といえます。